新時の火災保険と地震保険

東京都内だと大体2年に一度は賃貸物件の更新がありますよね。


同時に火災保険等の更新も。
おそらく義務的な位置づけになっているのは火災保険だけかと思います。

地震保険は希望者いるならば、お金ふりこんでね~的な。
ですが311の震災以降、地震保険の加入者はすごい勢いで増えているようです。
持ち家の人だけではなく、今までは目もくれなかった賃貸物件の人達も契約する人が増加している様子。

まぁ、あれほどの被害を目の当たりにしてしまったら気持ちもわかりますよね。
出来るだけ自分の資産を守りたいという気持ちは皆さん共通でしょう。
豊洲などの湾岸沿いの物件も人気に陰りが見えるようです。

ですが販売価格はまだ下がっていません。
土地持ちの人は地価を下げまいと必死になってきますから。

今権力を持っている人が土地を持っているケースが多いので今後も東京の地価は大幅に下がることはないでしょう。
放射線量の数値などは自分で積極的に情報収集することが必要になってきますね。

地盤なども調べて、トータル的に安全な地域に住まいを置きたいものです。